S&P500とは

よく投資を始めようとした時にS&P500という銘柄を聞きます。
これは、どこの会社の株??なんて思ってる人に説明します。
S&P500とは米国の代表的な株価指数です。GAFAMを中心としたアメリカの代表的な500銘柄を時価総額で荷重平均し指数化したものです。
GAFAMとはIT企業の雄である有名企業の頭文字5社を取った呼び名です。
読み方はガーファムと読みますが他にもビッグ・テック、テックジャイアンツ、ビックファイブなどとも呼称される場合もあります。

S&P500を簡単に説明すると米国の代表的な企業ばかりが集まって圧倒的な力を持っているためほぼ米国全体を表す力と言えます。
S&P500の上位銘柄はapple Amazon Facebook Google Microsoft tesla
皆さんも聞いたことある様なGAFAMを中心とした有名企業ばかりです。。
アメリカの欲張りな銘柄ばかりを集めています。
この様に強い銘柄を持つS&P500ですが選定が厳しく入れ替えが激しく一定の条件を満たさないと銘柄は除外対象となります。

常に新鮮な500社が組み替えられるようになっています。
最強のインデックスファンドなのです。
あの、投資の神様ウォーレン・バフェット氏も資産の9割をS&P500へと言ったともいわれています。

おすすめの記事